1015__009.gif
総額30億円!4丁の貴重な名器を貸与された精鋭たち
ストラディヴァリ・カルテット 

【出演】
シャオミン・ワン(ヴァイオリン)
セバスティアン・ボーレン(ヴァイオリン)
レヒ・アントニオ・ウジンスキ(ヴィオラ) 
マーヤ・ウェーバー(チェロ)

2017年10月15日(日)14:00開演(13:30開場)
松江市総合文化センター プラバホール
ストラディヴァリウス・カルテット

Program
プログラム

<ベートーヴェン弦楽四重奏曲>
第4番 ハ短調 Op.18, No.4
第11番 ヘ短調 「セリオーソ」 Op.95
第15番 イ短調 Op.132
*都合により曲目など内容を変更する場合がございます。予めご了承ください。  

Concert Guide
コンサートガイド

 ベートーヴェン没後190年の記念の年に、彼の真骨頂ともいえる弦楽四重奏曲を聴ける僥倖に恵まれた。
 特に今回演奏される、特異な存在第11番セリオーソ。牙を剝(む)く凄烈と慰撫する清澄の、ない交ぜと交代が鮮やかな第1楽章。目まぐるしくて脳がマッサージされているように感じる。第2楽章はしっとりとはしているが不可思議で、時々歪む。その歪で終わり、ほぼ切れ目なく同じ和音で始まる第3楽章。セリオーソ(厳粛な)と表情記号を記しているが、破天荒な炸裂には驚かされる。第4楽章は愁いや哀しさを多彩に展開させるのだが、ナンデコウナルノ的な結尾。初めて聴いた時は支離滅裂で冗談音楽かと思ったほどだが、何度も聴くうちに、虜(とりこ)になった。極めて洗練され、冴えわたる技法が白熱する大傑作!私はこの曲を知ってベートーヴェン観が一変した。
 ベートーヴェンは「注意。この四重奏曲は専門家の小サークルのために書かれたもので、決して公衆の前で演奏してはいけません」と書いている。なので、もし未経験ならば、余計なお世話かもわからないが、ぜひとも一度は聴いて、免疫をつけてから、会場に足を運んでいただきたい。今回のメンバーも薫陶を受けたという、アルバン・ベルク四重奏団の演奏がオススメ。
 他に初期の第4番。同時期に書かれた6曲の中で、一番人気の曲。後期の第15番は、特に第3楽章「病癒えた者の神に対する聖なる感謝の歌」の浄化された響きに聴き惚れている方が多い。さらに第5楽章はもともと第九の終楽章に使うつもりだったもの。これらも真価を堪能するためにも、聴いておかれると大変ありがたい。多分それが、貴重なお金と時間を無駄にしない最良の方法だと思うからだ。
プラバホール芸術監督 長岡愼
長岡愼

チケット

全席指定(税込)
【S席】一般4,900円/学生2,500円
【A席】一般4,500円/学生2,300円
【B席】一般3,500円/学生1,800円
【C席】一般1,900円/学生1,000円

個別発売 8月6日(日)
※詳細はこちらからご覧ください チケット購入

*上記「チケット購入」画面でお知らせしているプレイガイドのほかに、下記プレイガイドでも販売しています。
 ◆雲南市加茂文化ホール ラメール ℡0854-49-8500 
  
※コンピューターの画面で座席は選べません

*障がい者の方とその介助者は、1割引となります。チケット購入時に手帳をご提示下さい。
*未就学児の入場はできません。おやこ室か託児をご利用ください。但し、託児は1週間前までにプラバホールまでご予約下さい。(2歳児~小学2年生・無料)

Profile
プロフィール

ストラディヴァリ・カルテット Stradivari Quartett
シャオミン・ワン(中国)を中心に、ゼバスティアン・ボーレン(スイス)、レヒ・アントニオ・ウジンスキ(イタリア)、マーヤ·ウェーバー(スイス)をメンバーとし、チューリヒを拠点に活動する弦楽四重奏団。日本でも2010年、12年、16年の公演で絶賛を博している。世界で最も有名なストラディヴァリウス・コレクションを持つハビスロイティンガー・ストラディヴァリウス財団の支援を受け、同財団から貸与されたストラディヴァリウスを使用している。

ストラディヴァリウス・カルテット
 

シャオミン·ワン(ヴァイオリン) Xiaoming Wang
使用楽器「アウレア」 “Aurea”
   北京中央音楽院教授のシュウ・ルーとウィーンのゲアハルト・シュルツに師事。現在UBSヴェルビエ・オーケストラとUBS室内管弦楽団のコンサートマスターを務めているほか、チューリヒ歌劇場管弦楽団のセカンド・コンサートマスターも務めている。
シャオミン·ワン(ヴァイオリン)

ゼバスティアン・ボーレン(ヴァイオリン) Sebastian Bohren
使用楽器「ジョージ王」 “King George”
   スイス生まれ。8歳よりヴァイオリンを習い始める。チューリヒ音楽院でイェンス・レーマンに、その後ザハール・ブロン、アナ・チュマチェンコに師事する。数々のコンクールで受賞し、ソリストとしてウィーン・コンツェルトハウス、チューリヒ・トーンハレ等で、チューリヒ室内管、ルツェルン室内管等と共演している。
ゼバスティアン・ボーレン(ヴァイオリン)

レヒ·アントニオ·ウジンスキ(ヴィオラ)  Lech Antonio Uszynski
使用楽器「ギブソン」“Gibson”
   ポーランドの音楽一家のもと、イタリアに生まれる。幼少期からヴィオラとヴァイオリンを習い始める。スイス青少年音楽コンクールでヴィオラとヴァイオリンの両部門で優勝したのち、チューリヒでアナ・チュマチェンコとザハール・ブロンに師事する。ルドルフ・バルシャイよりヴィオラ演奏の霊感を受ける。
レヒ·アントニオ·ウジンスキ(ヴィオラ)

マーヤ·ウェーバー (チェロ)  Maja Weber
使用楽器「ボナミィ・ドブレー・スッジア」 “Bonamy Dobree- Suggia”
   フラン・エルメルソン教授、ヴァルター・レヴィン教授、アルバン・ベルク弦楽四重奏団に薫陶を受ける。スイスの合奏団アルス・アマータ・チューリヒのメンバー。アマール・カルテットの創設メンバーとして、ブーベンロイト・コンクール第2位、ジュネーヴ、グラーツの国際コンクールで2位受賞。ロンドンでミレニアム・アウォードを受賞している。
マーヤ·ウェーバー (チェロ)

臨時バス

公演終了後プラバホール前より松江駅行きの臨時バスが発車いたします。

アクセス/駐車場

松江市総合文化センターと松江生協病院の有料駐車場をご利用の方は、駐車場をプラバの認証機に通すと、一律200円になります。なお、台数に限りがありますので、できるだけ公共交通機関をご利用ください。

主催

松江市・松江市教育委員会・NPO法人松江音楽協会