2018年(平成30年度) 第33回松江プラバ音楽祭
至福のひとときinプラバ!
2004年生まれの天才少女!
技巧、音楽性、歌心の全てを兼ね備えた逸材!
奥井紫麻(しお) ピアノ・リサイタル

【出演】奥井紫麻(ピアノ)

2018年5月26日(土) 14:00開演(13:30開場)
松江市総合文化センター プラバホール
0526__001.jpg

Program
プログラム

ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第11番変ロ長調Op.22
シューマン:ウィーンの謝肉祭の道化Op.26
--------------------------------------------------------
シューベルト:4つの即興曲Op.142、D935より第3曲変ロ長調、第4曲ヘ短調
ショパン:24の前奏曲Op.28より第1番~第12番(12曲)
ショパン:2つの夜想曲Op.27より第8番変ニ長調
ショパン:スケルツォ第2番変ロ短調Op.31
*都合により曲目など内容を変更する場合がございます。予めご了承ください。  

Concert Guide (コンサートガイドを更新しました!)
コンサートガイド

プラバホール芸術監督 長岡愼
 

==天才少女==

 ピアノコンクールを舞台に、天才たちの熾烈な戦いを描いた小説「蜜蜂と遠雷」をご存知だろうか。恩田陸が著した青春群像小説。昨年のベストセラーの中でも、ベストテンの中に入っている。かなり多くの方に読まれ、しかもこの本に登場する楽曲を集めたCDまで発売され、これもよく売れているというから、クラシック音楽愛好家を間違いなく増やしたと思う。

   奥井紫麻を推薦くださった、音楽事務所の方から、彼女の音や映像資料を紹介していただき、拝見した。即座に「蜜蜂と遠雷」に登場する栄伝亜夜が脳裏に浮かんだ。

  恩田陸が描くのはもちろんフィクション。ただ綿密な取材がなされたのは読めば分かる。ただ、やはり「こんな奴はいないだろう」というのが、私の率直な感想だ。

  だが、奥井紫麻は、確かに栄伝亜夜を彷彿とさせるのだ。

  もしこの小説をまだ読まれてない音楽フアンの方がいらしたら、彼女が登場する最初の方だけでもお読みになるといい。お読みになって、奥井紫麻の演奏に接すると、実在の天才の存在に感嘆し、本物の天才に遭遇する機会に胸が震えるであろう。


チケット

全席指定(税込)
【S席】一般3,000円/学生1,500円
【A席】一般2,700円/学生1,400円
【B席】一般2,100円/学生1,100円
【C席】一般1,200円/学生 600円
*サポート会員の先行予約については、個別にお知らせいたします。

個別発売 3月31日(土)
※詳細はこちらからご覧ください チケット購入

*障がい者の方とその介助者は、1割引となります。チケット購入時に手帳をご提示下さい。
*未就学児の入場はできません。おやこ室か託児をご利用ください。但し、託児は1週間前までにプラバホールまでご予約下さい。(2歳児~小学2年生・無料)

プロフィール

0526__002.jpg 奥井 紫麻(ピアノ)

 2004年5月生まれ。7歳より2017年8月までエレーナ・アシュケナージに師事。9月よりヴァレリー・ピャセツキー(モスクワ音楽院付属中央音楽学校校長)に師事。ウラディーミル・スピヴァコフ国際慈善基金生。
 8歳でオーケストラと初めて共演し、12歳で世界的指揮者ワレリー・ゲルギエフ指揮マリインスキー歌劇場管弦楽団と共演。
 ロシアを代表する指揮者・ヴァイオリニストのウラディーミル・スピヴァコフとも10歳の頃から度々共演を重ねており、2016年13回目を迎えたスピヴァコフ国際慈善基金主催のフェスティバル“Moscow Meets Friends”では、グランドオープニング・セレモニーのソリストに選ばれ、スピヴァコフ指揮モスクワ・ヴィルトージとフェスティバルの開幕を飾った。
 9歳から国外での音楽祭に招かれ、ロシア、イギリス、スイス、イタリア、ポーランド、ウクライナ、ラトビア、アルメニア等でのコンサートに出演、各地のオーケストラとも多数共演している。
 2016年5月にはデニス・マツーエフが発起人となってモスクワで開催された順位付けを行わないユニークなコンクール“GRAND PIANO COMPETITION”で、最年少で7名の受賞者の1人に選ばれ、モスクワ音楽院大ホールで演奏。その様子はMedici.tvで中継され、演奏を聴いたエフゲニー・キーシンは「この年齢でこれほどまでに音楽を理解して感じる事ができ、楽器を自由に操ることができるとは、ただただ驚いた。」と評された(出典:Classical Music News/Russia)。 これまでに第1回ウラディーミル・クライネフ モスクワ国際ピアノコンクール(2015年モスクワ/ジュニア部門最年少第1位)、第14回ロシア国営文化テレビ主催「若い音楽家のための国際TVコンテスト“くるみ割り人形”」(2013年モスクワ/ピアノ部門第2位及び全部門総合聴衆賞)、第10回ウラディーミル・ホロヴィッツ記念国際ピアノコンクール“Horowitz-Debut”部門(2013年キエフ/A及びDカテゴリー第1位及びウクライナ文化省特別賞)等で入賞している。 現在、チャイコフスキー記念ロシア国立モスクワ音楽院付属中央音楽学校在学中。

◆奥井紫麻さんの演奏がYouTubeからご覧いただけます◆

臨時バス

公演終了後プラバホール前より松江駅行きの臨時バスが発車いたします。

アクセス/駐車場

JR松江駅発【市営バス時刻表】
◆81-1南循環線外回り
 ①番乗り場13:10-13:16文化センター東入り口 
◆23-6 かんべの里行(松江しんじ湖温泉駅始発)
 ④番乗り場13:11-13:16美月   
◆64-2八重垣・公園墓地行(松江しんじ湖温泉駅始発)
 ④番乗り場13:41-13:48文化センター前

 松江市営バス     検索 

<JR松江駅からは徒歩約13分、タクシー約3分>

松江市総合文化センターと松江生協病院の有料駐車場をご利用の方は、駐車場をプラバの認証機に通すと、一律200円になります。なお、台数に限りがありますので、できるだけ公共交通機関をご利用ください。

主催

松江市・松江市教育委員会・NPO法人松江音楽協会