第34回松江プラバ音楽祭
~初心者からベテランまでどなたでも楽しめる~
躍動する演奏を楽しいトークと共に!
NHK交響楽団第1コンサートマスター
篠崎史紀とN響の仲間たち

【出演】
篠崎史紀(ヴァイオリン)
共演:入江一雄(ピアノ)   市 寛也(チェロ)

2019年 6月30日(日) 14時開演(13時30分 開場)
松江市総合文化センター プラバホール
N響第1コンサートマスター 篠崎史紀とN響の仲間たち

Program
プログラム

モーツァルト:ピアノ三重奏曲 第4番 変ロ長調 
Mozart: piano trio B-Dur Kv 502
―――――――――――――――――――――――――
アレンスキー:ピアノ三重奏曲 第1番 ニ短調 他
Arensky :piano trio No.1 d-moll op 32
*都合により曲目など内容を変更する場合がございます。予めご了承ください。  

Concert Guide
コンサートガイド  ★更新しました

♪MAROさんからのプレゼント♪
 
   各種リーダー論を繙くと、ほぼ必ず出て来るのが、かの山本五十六の言葉。曰く「やってみせ、言って聞かせ、させてみて、褒めてやらねば、人は動かじ」。
 オーケストラのリーダー、コンサートマスターのお仕事にも当てはまることが多いと思う。基本に有るのは「一体感を生む信頼関係の醸成」ということだろう。だから成果は自分だけのものではなく、メンバー全員のものだという誠実さが無いと誰もついては行かない。メンバー一人ひとりが「自分は必要とされている」と思えるように尊重され、能力や適性、可能性を示されるとモチベーションは嫌でも上がる。
 もちろんマロさんの人望は素晴らしく、彼の持つ価値観やビジョンは、NHKEテレ「クラシック音楽館」などでも語られているので、皆さんも良くご存知だと思う。それはN響メンバーの音楽観を左右し、大きな影響を与えていると思う。更に内外の著名な指揮者からの信頼度も抜群。
 
 そんなマロさんが仲間を引き連れてくる今回のコンサート、二つのピアノ三重奏曲の間に、それぞれ三つの楽器ソロを、マロさんならではのトークと共に楽しめるという、サービス精神満点のコンサート。ちょっと来てみませんか?

プラバホール芸術監督 長岡 愼
 

★ Plover コンサートレター VOL.5
★ 動画

チケット

全席指定(税込)
【S席】一般4,800円/学生2,400円
【A席】一般4,400円/学生2,200円
【B席】一般3,900円/学生2,000円
【C席】一般1,900円/学生1,000円

個別発売 4月29日(月・祝)午前10時より
個別券発売日 4月29日(月・祝)午前10時よりプラバチケットコーナーと指定プレイガイド

※詳細はこちらからご覧ください チケット購入

*障がい者の方とその介助者は、1割引となります。チケット購入時に手帳をご提示下さい。
*未就学児の入場はできません。おやこ室か託児をご利用ください。但し、託児は1週間前までにプラバホールまでご予約下さい。(2歳児~小学2年生・無料)

★U39優待当日券★ 発売のご案内

今年度から、公演当日A・B席に空席がある場合、満39歳までが入場できる当日券を1,000円で発売します。プラバ窓口で当日12:30より発売開始!座席は選べません。購入及び入場時に年齢を確認できる運転免許証等をご提示いただきます。

Profile
プロフィール

篠崎史紀 篠崎史紀(しのざきふみのり)
ヴァイオリン
 愛称 "まろ"。NHK交響楽団第1コンサートマスター。
3歳より両親の手ほどきを受ける。15歳の時に毎日学生音楽コンクール全国第1位。北九州市民文化賞を史上最年少で受賞。高校卒業と同時にウィーン留学。ウィーン市立音楽院に入学。翌年コンツェルト・ハウスでコンサート・デビューを飾り、その後ヨーロッパの主要なコンクールで数々の受賞を果たす。
 88年帰国後、群馬交響楽団、読売日本交響楽団のコンサートマスターを経て、97年 NHK交響楽団のコンサートマスターに就任。以来、"N響の顔"として、ソリスト、室内楽奏者、指導者として、国内外で活躍中。 多岐にわたる演奏活動の傍ら、東京ジュニアオーケストラ・ソサイエティの芸術監督を務める他、CD13枚他、ヴァイオリン小品集「MARO’s Palette」(監修)、エッセイ「ルフトパウゼ ウィーンの風に吹かれて」、「絶対!うまくなるヴァイオリン100のコツ」が出版されている。 2001年福岡県文化賞受賞、2014年第34回有馬賞を受賞。北九州文化大使、桐朋学園非常勤講師、東京藝術大学非常勤講師、昭和音大客員教授。WHO国際医学アカデミー・ライフハーモニーサイエンス評議会議員。
  現在、『音楽の友』へMAROの誌上名曲喫茶「まろ亭」を連載中。また昨年4月よりNHK『クラシック音楽館』の案内人として出演中。
入江一雄 入江一雄(いりえかずお)
ピアノ
熊本県生まれ。東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校を経て同大学・同大学院を首席で卒業・修了。東京藝大シンフォニーオーケストラ・ドイツ公演(Young Euro Classic)ではソリストとして同行し、ベルリン・コンツェルトハウスにて細川俊夫作曲「沈黙の海」を協演した他、熊本ユースシンフォニーオーケストラ第42回定期演奏会にてプロコフィエフ作曲ピアノ協奏曲第3番を協演し、熊本初演を果たした。 第77回日本音楽コンクールピアノ部門第1位、第1回コインブラ・ワールド・ピアノ・ミーティング(ポルトガル)第5位入賞他受賞多数。ソロ活動に加え新日本フィル・東京フィル・日本フィル・芸大フィルなどの国内主要オーケストラとの共演や、若手演奏家からベテラン奏者まで幅広い音楽家との室内楽・アンサンブル機会も多い。近年ではN響コンサートマスター篠崎史紀氏から絶大な支持を受け、同氏リサイタルや室内楽公演で多くの共演機会を得る。 日本全国はもとより、モスクワ、ロンドン、ベルリン、ラヴェンナ(イタリア)、コインブラなどの都市で公演。2012・2013年度公益財団法人ロームミュージックファンデーション・2015年度文化庁(新進芸術家海外研修制度)より助成を受け、チャイコフスキー記念ロシア国立モスクワ音楽院研究科に在籍し、世界的巨匠であるエリソ・ヴィルサラーゼ氏に師事。2016年夏に修了しディプロマ取得。2017年度より東京藝術大学にて教鞭をとる。王子ホールレジデンス「ステラ・トリオ」メンバー。第5回あおによし音楽コンクール奈良ゲスト審査員を経て、第6回同コンクール審査員を務める。
市 寛也 市 寛也(いち ひろや)
チェロ
福岡県福岡市出身。東京藝術大学音楽学部を経て同大学院修士課程修了。同声会賞受賞、新人演奏会に出演。原村室内楽セミナーにて基金緑の風音楽賞を受賞。弦楽四重奏で松尾学術振興財団より助成金を授与。2016年秋より一年間、アフィニス文化財団より奨学金を受けてドイツ・ミュンヘンへ留学。バイエルン放送交響楽団ソロ首席代行奏者のHanno Simons氏に師事。 チェロクァルテット「Quartet Explloce」メンバー。毎年夏に全国ツアーと東京定期を開催。2016年、キングレコードより1stアルバムをリリース。アクロス弦楽合奏団メンバー。ユメニティのおがたレジデンスクァルテット。東京ジュニアオーケストラソサエティ講師。明治大学交響楽団、東京大学音楽部管弦楽団トレーナー。2012年1月よりNHK交響楽団チェロ奏者。
Quartet Explloceオフィシャルサイト http://explloce.com

臨時バス

公演終了後プラバホール前より松江駅行きの臨時バスが発車いたします。

アクセス/駐車場

JR松江駅発【市営バス時刻表】
◆81-1南循環線外回り
 ①番乗り場 13:10-13:16 文化センター東入り口
◆23-6 かんべの里行(松江しんじ湖温泉駅始発)
 ④番乗り場 13:11-13:16 美月
◆64-2八重垣・公園墓地行(松江しんじ湖温泉駅始発)
 ④番乗り場 13:41-13:48 文化センター前

 松江市営バス     検索 

<JR松江駅からは徒歩約13分、タクシー約3分>

松江市総合文化センターと松江生協病院の有料駐車場をご利用の方は、駐車場をプラバの認証機に通すと、一律200円になります。なお、台数に限りがありますので、できるだけ公共交通機関をご利用ください。

主催

松江市・松江市教育委員会・NPO法人松江音楽協会